KiKi cinema club / Chiekoの愛する映画

” リザとキツネと恋する死者たち “

今日はへんてこりんな愛の物語、”リザとキツネと恋する死者たち”をご紹介。

ハンガリー人から見た昭和レトロがとてもチャーミング♡な映画です。

とにかく奇想天外な内容と映画全体に薫るセンスが見どころ満載なのです!
舞台は1970年代のブタペスト、日本大使未亡人の看護人として住み込みで働くリザの心の拠り所は、日本の恋愛小説と、その家に住み着いた日本人歌手のトミー谷のユーレイ。
日本に来た監督がインスピレーションを受けて作った映画は、ちょっと胡散臭い日本の描写が逆に魅力的なのです。
とにかくトミー谷を演じたデヴィッド・サクライと、監督自ら手がけた昭和レトロにインスピレーションを受けたオリジナルの音楽にハマります。

ハヴァグッタイム♪

CHIEKO

私たちが毎月10日&25日配信するコミュニティーレター KPP-KIKI’S PAPER PREMIUM!
その中に映画コーナー”KiKi cinema club”のバックナンバーより抜粋した記事を掲載しています。

メンバーだけへのスペシャルイベントのご案内、デザイナーのコラム”PINKの脳細胞”、製作秘話や オススメ映画などなどスペシャルコンテンツでお届けします。
下のアイコンよりぜひ参加して見てくださいね。