KiKi cinema club / Chiekoの愛する映画


” わたしはロランス “

ある日、男性教師のロランスはトランスジェンダー(同性愛もあれば異性愛もあるということ)であることを隠さず生きて行く決心をするのですが、

自分らしく生きていく為に何かを捨てられる人は強い。

この監督にしか撮れないオリジナリティーある映画、映像美が素晴らしいです。

愛とは何か、とても一言で言い表せるテーマではないけど、この映画ではそのひとつのカタチを見事に表現しています。

この作品を撮った時、監督のグザヴィエ・ドランはまだ24歳…。映像美と引き込まれるストーリーと設定、人間描写、とても信じられません。

監督・脚本・美術・衣装・編集・音楽をひとりでこなす天才グザヴィエ・ドラン監督の映画をまだ観たことがない方は是非!

Chieko

私たちが毎月10日&25日配信するコミュニティーレター KPP-KIKI’S PAPER PREMIUM!
その中に映画コーナー”KiKi cinema club”のバックナンバーより抜粋した記事を掲載しています。

メンバーだけへのスペシャルイベントのご案内、デザイナーのコラム”PINKの脳細胞”、製作秘話や オススメ映画などなどスペシャルコンテンツでお届けします。
下のアイコンよりぜひ参加して見てくださいね。