Kiwandaの傘のちょっとした心遣いが嬉しい機能

Kiwandaの傘の特集を

晴雨兼用傘の選び方

あなたの好きな傘のデザインは?

Kiwandaの傘のちょっとした心遣いが嬉しい機能

の3回に渡ってご紹介していますが、傘は可愛さだけじゃダメですよね。使いやすさや機能もないと。

本日はKiwandaの傘のちょっとした心遣いと嬉しい機能をご紹介します!

 

傘の寸法について

 

まずは傘の寸法についてご説明!

傘は一般的に【親骨の長さ(size)】と【全長】で大きさを表します。

Kiwandaで採用している大きさは大きく分けて3タイプ、親骨の長さで区別しています。

 

60cm 長傘

 

一番大振りで傘本来の美しさが引き立つのが長傘。

Kiwandaでは基本的に『深張り』という技法で、生地の張りに丸みのあるフォルムをつけています。

クラシックで優雅な雰囲気が楽しめて、晴雨兼用ではありますがどちらかというと雨傘としての機能に優れています。

 

 

47cm ショート傘

 

少し小振りでかわいらしい雰囲気のショート傘。

持ち手も長傘よりも少し小さい作りで、持ち運びにも便利な傘なのです。

見た目もコンパクトで日傘としても使いやすいのが特徴。もちろん雨もしっかり弾くので、ちょっとした雨の日にも最適。

雨が降るような振らないような…って日には、あまり大振りじゃない傘の方がよかったりしませんか?

 

Fording 50cm 折りたたみ傘

 

折りたたみ傘はもちろんコンパクトにたためるのが一番の魅力!

Kiwandaでは折りたたみ傘でもきれいなシルエットを出せる骨を採用しているので、長傘に負けないくらいの美しさが自慢です。

折りたたみは以外と大きい50cmのサイズなので雨も日差しもバッチリ防げちゃいます。

 

そして、ショート傘と折りたたみ傘にはちょっとしたうれしい機能がかくされているんです。

詳しくご説明していきますね!

Kiwandaの傘のちょっとした心遣いが嬉しい機能

-2段スライド式でコンパクトに-

 

晴雨兼用傘として一番人気の47cmのタイプ。

こちらは骨が2段スライド式になっていて小さくなり、トートバッグに入れたりカゴバッグに入れたりするのにちょうど良いサイズになるのです。

つまり、中棒に2段階の伸縮性があるので、コンパクトに持ち運びできちゃんです。

スライドする時は、傘を閉じた状態じゃないと機能しませんのでご注意を!

 

 

 

これからの季節はかごバッグにさりげなく入れてもかわいい!

 

-持ち運びも困りません-

 

折りたたみの傘は電車の移動の時など、ちょっとたたんでおきたい時には不便なもの。

Kiwandaの折りたたみ傘はそんなあなたのお悩みも解決してくれます!

傘袋は2WAYのサイズで使えるので、移動の時には長くしてただ傘を収納すれば簡単に持ち運びできます。

おうちでちゃんとしまいたい時には、もちろんコンパクトにして収納できます。

 

 

やっぱり持ち運びが便利なのが折りたたみ傘のいいところ☆

折りたたみも意外と親骨の長さが50cmもあるので、しっかりと雨や紫外線を防いでくれます。

傘袋に入れて持ち歩けば、電車やお店で忘れちゃうなんてこともありません。

 

 

 

修理もお受けします

KiwandaKiwanda青山店では傘の修理も承っております。

愛着を持って大事に使っていただきたい。そう思っています。

生地が敗れたり変色したなど以外はお直しできますので、ご連絡くださいね。

 

いかがでしたか?

ただでさえ雨の日や紫外線の強い季節は気分が滅入るもの。

だからこそ少しでも楽しい気分で傘を楽しんでもらえる、ちょっとした工夫を感じて頂けたらうれしいです。

ぜひお好みのタイプで試してみてくださいね!

 

TAKI